よくあるご質問

「たいこらんど」ってなあに?
子どものための音楽教室です。遊びながら、たくさんの音を楽しみます。
どんな力がつくの?
これまでに多くの卒業生を出してきた「たいこらんど」では、お母さまから下記のような成果のご報告をいただきました。
  • 音楽が大好きになった。ピアノが大好きになった。
  • 想像力がすばらしい。
  • 音楽や人の話をジッと聞くことのできる子になった。
  • 集中力がついた。
  • 美的感覚が育った。
  • 落ち着きがあると思う。
  • 曲を作って楽しんでいる。
  • 自分で考えて行動している。
  • 英語の発音が良いと褒められた。耳が良いから?
  • リズムの面白い言葉をいつもさがしている。
  • 体操教室でできることが急激に増えた。
  • バレエ教室でリズム感が良いと言われ真ん中で踊れた。
何歳から始められるの?
人間の脳細胞を統合するシナプスは生後10か月くらいで最大値に達し、大人になるまでに約半分になってしまうそうです。ですからこの時期に五感を刺激した環境が赤ちゃんの脳の育成には大事だと言えるそうです。「たいこらんど」では、おすわりのできる8か月くらいの赤ちゃんから5~6歳くらいまでのお子様にお勧めしています。五感の中の3つ「見る」「聴く」「触れる」を使い、小さなお子さんが参加しやすいように工夫しています。
ほかのリトミックとどう違うの?
一般的なリトミック教室では、音楽にのって動かないと、なんだか参加していないような気がしませんか?いつも音楽にのって動ければよいのですが小さなお子さんは体調、気持ちの変化でノリのよい日、悪い日があります。「たいこらんど」は無理をさせません。音楽に合わせて動けばリトミック的に、また動かなくても、ぬいぐるみやイラストで遊ぶことができます。あまりお母さんの側を離れたがらない小さなお子さんにも参加しやすい教室です。

★また、音楽を「聴く力」がつくのも「たいこらんど」の大きな特徴です。「聴こうとする力」(集中力)、「聴き分ける力」(判断力)も自然に育ちます。
ピアノは頭を良くするときいたのですが…
アメリカの医学雑誌に幼児の鍵盤教育が「時空間的能力」を高めるという説が発表されました。これは、幼児に毎日コンピュータを与えたグループ、鍵盤を与えたグループ、何も与えないグループの比較調査の結果だそうです。しかし、鍵盤の与え方といってもなかなか難しいものですね。「たいこらんど」ではピアノとのステキな出会いをさせようと考えました。その結果ピアノから離れない子が続出!楽しくピアノで遊べるなんて素敵ですよね。
男の子なのでリトミックよりスポーツの方が良いのではと少し思っているのですが?
いろいろなスポーツに親しむことはとてもよい経験ですね。スポーツでは反射性や反応力、判断力や創造力など、多くのスキルが必要です。 それらの能力がある程度そなわっていなければ楽しめないかもしれません。リトミックでは、スポーツや生活に必要ないろいろな感覚的センスを総合的に経験しているのです。音楽を通じて心と身体の調和した体験をすることに意味があるのです。
体験でぐずってしまわないか心配なのですが?
お子さまにとって体験レッスンは、初めての場所でお友達がたくさんいて見慣れない教材があり・・・ と、驚きの連続だと思います。そのため、普段は物怖じしないという子がぐずってしまったり、 あちこちに気を取られてレッスンに集中できないということはよく起こります。徐々に慣れてくるものですのでご心配は無用ですが、無理強いはせずにお母さまが楽しんでいる様子を見せてあげることが一番効果的です。
兄弟が一緒でもレッスンできますか?
下の子がまだ小さい場合、一緒に連れて来ていただくことはもちろん可能ですし、妊娠中などを含め お母さまが動きづらい場合、講師が随時フォローいたしますのでどうぞご安心ください。
体験ではなく見学はできますか ?
申し訳ございませんが見学は受付けておりません。体験レッスンにご参加ください。
体験レッスンは何度も受けられますか ?
体験レッスンは教室の雰囲気を知っていただくために行っているものですので、お一人様2回限りとなります。
教室で授乳やおむつ交換はできますか ?
はい、レッスン中でもお部屋の隅のほうでして頂いています。
振替レッスンはありますか?
はい。半年以内でしたら振替レッスンが可能です。年度を越えても受けることができます。
狛江教室とおゆみ野教室とは、同じ先生なのですか?
はい。どちらもCHIKA先生がいます。

▲ Page Top