富田恭代 さん
涼花ちゃん(3歳)
侑志くん(1歳)

上の娘は10か月頃から通い始めたのですが、歌も楽器も絵本も体を動かすことも本当に大好きです。そんな娘を見ていて2人目もたいこらんどに通わせたいと思っており、息子も8か月になってすぐデビューしました。胎児の時から聴いていたからなのか、初回のレッスンでは全てわかっているかのように体を動かし、マラカスを振り太鼓をたたき、絵本をじっと見ていて驚きました。お腹の中でもレッスンを受けていたのかな?と思うほどでした。「今日は何の動物さんが出てきたの?「うさぎさんとペンギンさんだったよ!」「今日はへびさんが出てきて怖かったよ」「今日は何の動物さんが出てくるかな?」「ぞうさん!!」とお話ししたり、「おもちゃのチャチャチャ~♪」と歌うと家でも2人ともマラカスを振って踊ったりと、たいこらんどのレッスンが私たち家族のコミュニケーションのひとつになっています。そして家族みんなで毎回レッスンを楽しみにしています!
2017年3月21日
木村淳子 さん
奏貴くん(3歳)

人見知りな息子は入ったばかりの頃、教室に入るだけで泣いて私にべったりでした。それでもレッスンが始まると、フラフープを使った電車ごっこが大好きで楽しんでいる様子でした。レッスンに通ううち、元気にお返事したり「このマラカスがいい」と自己主張できるようになり、人間的にも成長したと思います。イヤイヤ期には見学しているだけの時もありましたが、先生方が温かく接してくださり感謝しています。音楽への反応も良くなり、一回聴いただけの曲を息子がちゃんと覚えていたのには驚きました。先生方は子供達の様子をよく見ていて、その都度きちんと応えてくれますし、いつも子供達への熱意を感じています。ピアノや様々な楽器のきれいな音色に触れられて毎回親子で楽しんでいます。
2017年3月21日
吉田美紀子 さん
琴音ちゃん(年少さん)

娘がたいこらんどに通わせていただくようになったのは、生後8ヶ月になった頃からでした。気がつけばもう、約4年もお世話になっています。当時は、人見知り・場所見知りが激しい時期で、教室に入ると、本当によく泣いていました。でも不思議と、ピアノの曲が始まると、ピタッと泣き止む事も多かったです。今思うと、あれが娘の『集中力』と『聴く力』の始まりだったのかな?と思っています。

娘は1歳半の時、「パパ おしごと いったね」と三語を話すような子でした。言葉が早かった理由は、色々な音や話し言葉を集中して聞き、真似をして音を出したり、おしゃべりしたりしていたからだと思うのですが、それはきっと、たいこらんどで聞く、色々な楽器の音や、ピアノの素敵な演奏、先生の歌声などから耳が養われていたのではないかと思っています。娘は今でももちろん、歌や音楽が大好きです。創造力を働かせながら、自分で作った歌詞なども加えて踊ったりもしています。最初は、『泣き止み聞く』だけだった娘が、いつの間にか、たいこらんどで多くの感性を引き出してもらっていました。まだまだ4歳…。これからたいこらんどを通じてどんな成長を見せてくれるか楽しみです。
2017年3月21日
竹内知佐子 さん
礼生くん(年中さん)

1歳になってすぐからかれこれ4年半お世話になっているたいこらんど。今や息子の大切な居場所の一つとなっています。たいこらんどのレッスンでの生音による脳への刺激は子供の成長にとても良い影響を与えてくれていると感じます。息子は言葉を音楽のように操り、音符や音階のロジックもゲーム感覚で楽しんでいる姿が見られますまた、近頃では身の周りで聴いた歌やメロディを周囲が驚くほどの完成度で口ずさみ、たいこらんどで培った耳の良さを感じます。

生徒さん一人ひとりと丁寧に向き合い、個性を大切に接してくださる千香先生。長所をたくさん見つけ、たくさん誉めてくださいます。時には厳しく叱ってくださり、幼い頃にこんな素敵な先生に出逢えた息子は幸せ者だと思います。たいこらんどは息子だけではなく私にとっても癒しの空間です。
2017年3月21日
ページの上部へ